• ヒューメクタント成分配合のクレンジングと比較

    クレンジング製品は水やミネラルオイルに化学成分を添加する事が基本ですが、中には水溶性の保湿成分を50%から90%も配合した製品は、比較的に刺激も弱めで、皮膚を整えながら不要物を除去できます。


    ヒューメクタント(水溶性の保湿成分)に該当する液体、物質は大量にありますが、ジグリセリンやハーブエキス、トレハロースとハチミツも水溶性の保湿剤に当てはまります。

    クレンジングの比較情報がさらにわかりやすくなりました。

    商品全体に保湿成分を50%以上も配合したクレンジング製品は、無理にファンデーションやアイラインを落とすのではなく、自然に浮かせて、穏やかに除去する性質を帯びた物が比較的に多いです。


    ミネラルオイルは鉱物油に該当しますが、石油系の液体です。

    様々な分野のgoo ニュースについてお答えします。

    しかし、皮膚に馴染みが良くてクレンジング剤の基剤として配合される機会のある成分となります。

    ヒューメクタントに当てはまる液体や物質、エキスをたくさん配合したメイク落としに使用する機会は少ないですが、比較すると刺激の問題では後者の方が安全です。乾燥肌の人にはヒューメクタントに当てはまる成分よりも、エモリエントに属する保湿成分を利用した方が良い場合はあります。



    クレンジング剤は乳化させる力が強いですから、アルガンオイルやグレープシードオイル、ココナッツ油を添加しやすい特徴がポイントです。

    水溶性成分では物足りないと感じる場合は、エモリエント効果が強いクレンジング剤を用いて、スキンケアしていくのも対策と乾燥の軽減をさせる手段となります。