• 洗浄力を比較して、クレンジングを選んでみよう

    洗顔料や化粧水、美容液などスキンケアアイテムには、さまざまな種類があります。

    クレンジングの比較に関するご質問を解決いたします。

    その中でも、特に選ぶのに苦労するのがクレンジングです。


    クレンジングはメイクを落とすために必要になるものですが、オイルやミルク、シートタイプなどの種類があるので、自分にピッタリのものを選ぶのに苦労するという人が多いようです。

    クレンジング選びで比較しておきたいのが、洗浄力の強さです。

    クレンジングはタイプによって洗浄力の強さが変わってきます。
    ですので、それぞれどの程度の洗浄力があるのかを知ることで、自分のメイクと比較して選ぶことが可能になります。
    しっかりめのベースメイクを愛用している人は、洗浄力が強いタイプで短時間でメイクを落とすのがおすすめです。洗浄力が弱いものほど肌に優しいというイメージがありますが、それでしっかりメイクを落とすためにはゴシゴシと肌をこする必要がでてきます。


    さらにメイク落としに時間もかかり、逆に肌に負担を与えることにもなりかねません。
    それを防ぐためには、洗浄力の強いタイプで、短時間にサっと落とすのがおすすめです。

    クレンジングを比較して洗浄力が強いものは、オイルタイプとリキッドタイプです。

    エキサイトニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

    オイルタイプは油分が多く、反対にリキッドタイプは油分をほとんど含んでいません。

    一般的にオイルタイプはダブル洗顔が必要になるものが多いようです。

    反対にクリームタイプやミルクタイプは洗浄力が弱く、マイルドな使い心地が魅力です。


    ベースメイクが薄い人は、これらを選ぶことで肌のダメージを抑えることが期待できます。



  • 美容をよく学ぶ

    • クレンジング製品は水やミネラルオイルに化学成分を添加する事が基本ですが、中には水溶性の保湿成分を50%から90%も配合した製品は、比較的に刺激も弱めで、皮膚を整えながら不要物を除去できます。ヒューメクタント(水溶性の保湿成分)に該当する液体、物質は大量にありますが、ジグリセリンやハーブエキス、トレハロースとハチミツも水溶性の保湿剤に当てはまります。...

  • 専門知識

    • 自分に合ったクレンジングの比較サイトや比較内容が掲載された雑誌を参考にしている場合には、どれが自分に合ったクレンジング剤なのか分からなくなってしまう事があります。人によっては自分に合うと思って使用したクレンジング剤が肌に全く合わなく、お金を無駄にしてしまいます。...

  • 美容が気になる方

    • 最近顔色がはっきりしなくて、何だかお肌の調子も悪いとお悩みの方はいませんか。美白ケアも抜かりなくやっているのになかなか効果が現れない。...

  • よく解る情報

    • クレンジングでくすみ対策を行う場合には、肌に刺激を与えないことが何より重要です。もちろんメイクの落とし残しがある場合には酸化によるくすみが現れやすくなりますので気をつけなければなりませんが、しっかりと落とそうとし過ぎてゴシゴシとこするようなことをしてしまうと、肌を守るためのメラニン色素が大量に生成されてしまって症状が引き起こされます。...